MENU

【体験談】開発合宿をしたグループのブログをまとめてみた

2020 8/09
【体験談】開発合宿をしたグループのブログをまとめてみた

「開発合宿を考えているけど◯◯の宿の口コミを知りたい」

「他のグループは一体どんなことをテーマにしているの?」

そんなことを思って、ブログを探すことはありませんか?

私も何かを企画するときは、体験談ブログにお世話になっています。

参加者のリアルな声が聞けるので、体験談が綴られているブログってとっても役にたつんですよね。

ですが、「開発合宿 ブログ」と検索すると、あまりにも膨大な数がヒットして良い記事を探すのが大変。

というわけで、実際に色々な開発合宿のブログを読み漁り、その中から特に内容が濃いものだけを厳選してまとめました!

本当に参考になるブログ記事だけを読みたい方は、ぜひ最後まで目を通してくださいね。

目次

開発合宿の流れが詳しく書かれているブログ6選

他のグループがどのようなスケジュールを組んで開発合宿を行なっているのか気になりますよね。

これからご紹介するブログは、写真などをふんだんに使っているので合宿の流れがよく分かるものばかり。

どれも比較的新しい記事なので、リアルな話を聞けますよ。

マネーフォワード開発合宿 in COLONY 箱根ーマネーフォワード エンジニアブログー

<メモ>

何時に何をしたかまで書いてくれているので、実際にスケジュールを立てるときの参考になります。

夏影(開発合宿 1日目)ーMisoca開発者ブログー

<メモ>

1日目/2日目/3日目と記事が分かれていて、これでもかというほど事細かく書かれています。

開発合宿に行ってきたのでレポートするよ!in 日光ーGMOメディア エンジニアブログー

<メモ>

圧倒的な写真の量で自分が参加したような気分になれます。

最後のまとめで良かった点と問題点がまとめられているので、これから開発合宿を考えている方は参考にできます。

開発合宿@伊豆大島に行ってきました!ーメドピア開発者ブログー

<メモ>

最後に参加者の感想が書かれていて、開発合宿で何を得られたのか?が上手くまとめられています。

ランサーズ開発合宿2018@熱海 新規事業開発チームーLancers engineer’s Official blogー

<メモ>

テーマに沿ってどのような流れで課題を進めたらいいのか詳しく書かれています。

【ブログ12選】開発合宿ができるおすすめ施設はココ!

ここからは特に口コミが多く、色々な人から支持されている施設を、体験談ブログと合わせてご紹介します。

  • 出された料理の写真
  • 泊まった部屋の様子
  • 実際にその宿に泊まった感想

など、宿の公式ホームページからは得ることができない、貴重な情報を知ることができます。

今回は計4つのおすすめ宿をピックアップしました。

老舗温泉旅館おんやど恵/神奈川県足柄下郡湯河原町

出典/老舗温泉旅館おんやど恵公式HPより

【宿の特徴】

おんやど恵のおすすめポイントは、料理と温泉。

大浴場の内湯は、15時〜翌朝10時まで利用することができるので、深夜入浴も可能です。

開発合宿で疲れた体を料理と温泉の力で癒しましょう。

会議室は最大で36人収容できるので、規模が大きい開発合宿にも向いています。

いくつかの開発合宿プランを設けているので、自分たちに一番合っているものを選びましょう。

【ネット環境】

全館Wi-fi完備。

元エンジニアの社長が経営しているので、開発合宿をするにあたってネット環境がどれほど大事かを誰よりも知っています。

「快適な作業空間を提供したい」ということで、全館に高速Wi-fiを飛ばしています。

基本情報
住所神奈川県足柄下郡湯河原町宮上361
アクセスJR熱海駅、JR湯河原駅から車で5分
電話番号0465-63-3001
料金1泊2食付き 10,000円〜/1人 会議室料/20,000円+税(2泊目以降は半額)
開発設備wi-fi、ホワイトボード、プロジェクタ、フリップチャート、27型ワイドLED液晶ディスプレイ(一部有料)
施設温泉、客室、会議室、マッサージチェア、カラオケ、卓球場、ミニライブラリー、キッズルーム

土善旅館/千葉県香取郡

出典/土善旅館公式HPより

【宿の特徴】

開発合宿と弓道合宿に旅館全体で力を入れており、専用のプランを用意しています。

基本料金は安いですが、宿泊部屋と開発部屋を分けるのであれば、追加料金がかかります。(その場合は1人+500円)

ただ安いだけではなく、嬉しい特典もいくつかあります。

  • 開発部屋はチェックイン前、後の12時〜翌日15時まで利用可能
  • プロジェクタなどの備品を無料貸し出し(通常は有料)
  • 広めの宿泊部屋を用意

非常に人気の施設なので、日程が決まっている場合は早めの予約を入れること。公式HPで施設の予約状況を確認できます。

【ネット環境】

全館Wi-fi完備。

室内であれば優先LANも使用できるので、データが重い作業でも安心です。

【体験談ブログ】

君は最高の開発合宿旅館「土善旅館」を知っているか?【開発合宿】ー(:3[kanのメモ帳]ー
第1回Future開発合宿ーTech Blogー

基本情報
住所千葉県香取郡東床町笹川い624
アクセス笹川駅から車で4分
電話番号0478-86-1155
料金1泊2食 6,200円〜
開発設備wi-fi、21インチ液晶ディスプレイ、ホワイトボード、プロジェクタ
施設温泉施設、開発部屋(17〜84畳)、宿泊部屋(17〜33畳)、卓球台、マッサージチェア、弓道場

コワーキングコミュニティ まるも/千葉県富津市

出典/まるも公式HPより

【宿の特徴】
こちらのまるもは、古民家を改装したコワーキングスペース。

開発合宿の際はまるもを会議室として貸し切る形になります。

徒歩すぐの場所に3つの宿泊施設があり、用途や予算にあわせて選べます。

コワーキングコミュニティまるもは”フリーランスの聖地”として有名で、全国各地からフリーランスが集まっています。

まるもから徒歩3分の場所に海があり、そこから見る夕日が最高。

近くには金谷の観光名所、鋸山がそびえ立っています。

海の幸が美味しいので、まるもの近くで外食するのも楽しそうですね。

体験記事を書くかSNSで拡散すれば利用料金が割引になる”モニタープラン”があるので費用を抑えたい人は要チェック!

【ネット環境】
無線LANの設備は万全。

20台同時接続でも問題なく利用できます。

【体験談ブログ】

BEENOSグループの精鋭が集結!エンジニアの開発合宿に潜入ーBEENOSオフィシャルブログー
2泊3日の開発合宿 in 千葉県金谷 まるもに行って来ました!!!ーメドピア開発者ブログー
千葉・金谷の「まるも」に開発合宿行ったら最高だったー空飛ぶ羊ー

基本情報
住所千葉県富津市金谷3870
アクセスJR浜金谷駅から徒歩3分
電話番号0439-29-6173
料金素泊まり 3,000円〜
貸切料金/1日 60,000円(モニタープラン:4万円)
開発設備wifi、ホワイトボード、プロジェクタ、黒板、プリンター、スピーカー
施設コワーキングスペース、卓球台

山喜旅館/静岡県伊東市

出典/山喜旅館公式HPより

【宿の特徴】

24時間入浴可能な温泉付きの宿。宿のすぐ近くには川が流れています。

認知動作型マシンを導入したトレーニングジムやバレエスタジオがあるので、体を動かしてリフレッシュしたい人にはぴったり♪

合宿場として利用されることが多いので、旅館側も大人数の対応に慣れているので安心です。

「研修・ゼミプラン」が用意されていて、お得に宿泊ができます!

【ネット環境】

無線LANの設備を高性能化。

→NTT 光回線 ホームゲートウェイ 無線LAN

開発合宿での利用が増えてきたので、ネット環境を改善し全館どこでも快適なWi-fiが使えるようになりました。

【体験談ブログ】

技術的負債×開発合宿が捗った件ーDevelopers Blogー
細部カイゼン開発合宿が思ったより有意義だった件ー FiNC Engineering Blogー
海で開発!? 2泊3日で伊豆に開発合宿行ってきました!ーJX通信社 エンジニアブログー

基本情報
住所静岡県伊東市東松原町4番7号
アクセスJR伊東駅より徒歩7分
電話番号0557-37-4123
料金1泊2食付き 6,480円〜
会議室料 1時間1,080円
開発設備wi-fi、ホワイトボード、プロジェクタ、マイク
施設客室、会議室、温泉、宴会場、お食事処、トレーニングジム、バレエスタジオ

開発合宿の体験談ブログは要チェック!

開発合宿のスケジュールやテーマ、宿を決めるときにお手本になるものがあるとスムーズに進みます。

そういった面で言えば、ブログというツールは最適。

実際に参加した人にしか分からない開発合宿の改善点や泊まった宿の特徴など、リアルな声を聞くことができます。

公式サイトだけではなくブログの情報も上手に使って、有意義な開発合宿にしましょう!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる