MENU

【2020年最新】おすすめのワードプレステーマ15選!選び方も解説!

2020 6/25
【2020年最新】おすすめのワードプレステーマ15選!選び方も解説!

有料、無料を合わせると全世界で1,000種類以上も開発されているワードプレスのテーマ。

「テーマ種類が多すぎてどれを選んだら良いのかわからない…」
「自分の作ろうとしているメディアに合っているテーマを選びたい!」

こういった悩みを持っている方は多いのではないでしょうか。

特に無料テーマでも大丈夫なのか、有料テーマの方が良いのか迷うといった声は多いです。

そこでこの記事では、ワードプレスのテーマを選ぶ際のポイントやおすすめのテーマをご紹介していきいます。

この記事でわかること

  • 無料と有料テーマのどっちを選ぶべきなのか
  • テーマを選ぶうえで知っておくべき3つのポイント
  • おすすめな有料テーマ
  • おすすめな無料テーマ
  • 目的別のおすすめなテーマ

ワードプレスのテーマ選びで困っているのであれば、ぜひこの記事を参考にしてみてくださいね。

目次

無料と有料のテーマはどっちを選ぶべきなのか?

まず一番最初に迷うのが「無料と有料のテーマってどっちを選ぶべきなの?」ということではないでしょうか。

結論からお伝えすると初期投資できるのであれば有料テーマを購入すべきです。

とはいえ、なるべく無料で済ませたいなといった気持ちを持っている方も多いはず。そこでここでは無料のテーマと有料のテーマのメリット・デメリットについて解説していきます。

メリット・デメリットを踏まえて自分に合ったテーマを選んでみましょう。

無料テーマのメリットとデメリット

メリット デメリット
  • お金をかけずにメディア運営がスタートできる
  • 気軽に違うテーマへ変更できる
  • デザインの編集に限界がある
  • 細かい修正を行うためにはHTMLなどの専門的な知識が必要
  • エラーの対処に時間がかかる

無料テーマを使うメリット・デメリットは上記の通り。

やはり無料テーマの一番のメリットは初期費用をかけずにメディア運営をスタートさせることが出来るということです。

「とりあえず始めてみよう」「趣味でブログを作りたい」といった場合に1~2万円の有料テーマを購入するのって抵抗がありますよね。

そういった人は無料テーマから始めてみましょう。最近では無料のテーマでもデザイン、性能ともに充分高機能なものが配られています。

しかし無料テーマはカスタマイズ性が有料テーマと比較して劣ってしまいます。

そのため、まずは無料テーマでメディア運営を始めてみて、細かい部分にこだわりたくなったら有料テーマへと変更するといった流れがおすすめです。

有料テーマのメリットとデメリット

メリット デメリット
  • SEO対策がしっかりされている
  • 簡単にデザインの変更がしやすい
  • 最初からデザインが整っている
  • サポートが充実
  • 初期費用がかかる
  • テーマによってはメディアごとに購入する必要がある
    (使いまわしできない)

有料テーマのメリット・デメリットは上記の通り。

有料テーマを使う最大のメリットは専門知識がなくてもデザインの変更ができたり、カスタマイズ性が高くなっているということです。

また入念なSEO対策が最初から行われているため、難しい設定の必要がないことも嬉しいポイントと言えるます。

このように大きなメリットがある反面、お金がかかるというデメリットも。

有料テーマの相場は1万円前後です。それだけの初期投資をしてでも本気でメディア運営に取り組んでいきたいと思えるのであれば、有料テーマを使うことをおすすめします。

【結論】初期投資できるなら有料のテーマがおすすめ

無料テーマと有料テーマのメリット・デメリットをそれぞれお伝えしてきました。

  • 初期投資をいとわないほど、本気でメディア運営をしたい
  • お金がかかっても良いから、なるべく簡単にメディアを作りたい

このような場合は有料テーマを使うのがおすすめです。

反対に「とりあえずブログを作ってみたい」「お金はかけたくない」といった場合は無料テーマでも問題ありません。

どうしても機能性、デザイン性ともに有料テーマの方が優れています。しかし最近の無料テーマは内部SEO対策がしっかりされており、おしゃれなメディアを作ることも可能です。

有料・無料どちらにもメリット・デメリットがあるので、自分の現状に合わせてテーマを選びましょう。

ワードプレスのテーマを選ぶうえで大切な3つのポイント

テーマを選ぶ際に大切な3つのポイント
  • 有料または無料のどちらのテーマを使うか
  • 自分が運営するメディアに合ったデザインにできるか
  • 内部SEO対策やレスポンシブル対応しているか

それぞれ詳しく解説していきます。

有料のテーマか無料のテーマか

先ほど有料と無料のテーマごとにメリット・デメリットをお伝えしました。

メディア運営を本格的にスタートさせたいのであれば有料のテーマの使用がおすすめです。

有料の方がお金を払っている分、SEO対策がしっかりされていたり、デザインの自由度が高かったりと初心者でもメディア運営がしやすくなっています。

もちろん無料のテーマだとメディア運営が上手くいかないというわけではありませんが、有料テーマで始めた方がスムーズに自分好みのサイトを作り上げることができるでしょう。

自分が運営するサイトに合ったデザインか

サイトデザイン

ワードプレスのテーマは種類によってデザインやサイトの雰囲気が大きく変わります

無料のテーマであればいろんなテーマを導入してみて、好みのものを選んでも良いかもしれません。

しかし、有料のテーマの場合は当然ながら費用がかかるため、複数のテーマを試してみるのは難しいでしょう。

そういった時はテーマの公式HPで紹介されているデフォルトのデザインが自分の好みかどうかで判断するのがおすすめです。

極端なことを言ってしまうと、HTMLやCSS、PHPなどの専門的な知識があれば好きなようにサイトのカスタマイズができます。

しかし中途半端な知識のままカスタマイズをしてしまうと、デザインが崩れたり、不具合が生じてしまいかねません。

そういった手間をかけないためにも、最初から自分好みのデザインになっているテーマを選ぶことをおすすめします。

 

内部SEO対策やレスポンシブ対応されているか

内部SEO対策やレスポンシブル対応といった機能性もテーマを選ぶポイントの一つと言えます。

近年のワードプレステーマにおいて、SEO対策やレスポンシブル対応については有料はもちろん、無料のものでもデフォルトで設定されているものが多いです。

しかし中にはこういった機能が付いていないテーマというものも存在します。

これからメディア運営をしていこうと考えている初心者の方は特にSEO対策やレスポンシブル対応などの機能がデフォルトで付いているテーマを選択しましょう。

この記事で紹介しているテーマは基本的な機能は揃っているものですので、安心してください。

ワードプレスで使えるおすすめな有料テーマ7選

ここからは有料のテーマ7つをご紹介していきます。

THE THOR(ザ・トール)

THE THOR
出典:THE THOR公式HP

THE THORの特徴

  • SEO最適化がされているため、SEO関連のプラグインや知識不要
  • デザイン着せ替え機能によってワンクリックでおしゃれなサイトが完成
  • 広告のタグを一元管理が可能

最先端のSEO対策が施され、集客・収益性にこだわっているテーマがTHE THOR(ザ・トール)。

機能性も高く「デザイン着せ替え機能」によってワンクリックでオシャレで洗練されたデザインのサイトを作ることが可能です。

細かい部分まで色やレイアウトの変更も簡単にできるため、初心者でも好みのサイトを作り上げることができます。

一度テーマを購入すれば他のサイトにも使用可能ですので、複数のメディア運営も一つのテーマを購入するだけで可能です。

THE THORがおすすめな人

  • これからアフィリエイトを始めたい
  • 簡単にサイトデザインを変更したい
  • 複数のメディアを運営予定

THE THORの料金

料金
  • テーマ&サポートプラン:14,800円(税別)
  • らくらくサーバーセットプラン:27,400円(税別)
購入方式 買い切り。複数サイトに使いまわしOK
商品内容
  • WordPressテーマ 一式(親テーマ・子テーマ)
  • 会員限定サイト利用権(操作マニュアルサイト(100ページ以上)/会員フォーラムサイト)
  • 無料バージョンアップ
  • インストール時の「安心メールサポート」
  • SEO対策に最適な自動バックアップ付き「高速SSDサーバー」1年間分(※)
  • ドメイン1点(.net .com .biz .info)1年間分(※)
  • WordPress本体とテーマのインストール代行(※)
  • テーマのデザイン初期設定代行(※)

※らくらくサーバーセットプランのみ

賢威

権威
出典:賢威公式HP

賢威の特徴

  • 2007年の販売開始から長年愛されている
  • 圧倒的にSEO対策が施されている
  • ユーザー限定のサポートフォーラム

2007年に発売以降、27,000人以上の人に愛されているテーマである賢威。

入念にSEO対策が施されたテーマであり、購入するとSEOマニュアルコンテンツ制作マニュアルも付いてきます。

「SEOっていまいちわからない…」といった場合に非常に参考になるため、これからSEOについて勉強していきたい人におすすめです。

また賢威ユーザー限定でサイト制作やSEO戦略で困った際に質問ができるサポートフォーラムの利用ができます。

過去に投稿された質問や回答も閲覧可能であるため、サイト運営で困ったことは気軽に質問して解決が可能です。

賢威がおすすめな人

  • とにかくSEOに強いテーマを使いたい
  • SEOをこれから学ぼうと考えている
  • 企業や法人が使っているテーマを探している

賢威の料金

料金 24,800円(税抜)
購入方式 買い切り。複数サイトに使いまわしOK
商品内容
  • 賢威ホームページテンプレート
  • 賢威SEO戦略マニュアル
  • 賢威ユーザー限定サポートフォーラム
  • 賢威を使ったサイト制作の動画マニュアル
  • バージョンアップも原則無料

アルバトロス

アルバトロス
出典:アルバトロス公式HP

アルバトロスの特徴

  • シンプルで美しいデザイン
  • ショートコード標準装備でHTMLやCSSの知識がなくても安心
  • モバイルファーストでスマートフォンからも見やすいデザイン

誰が使っても美しいデザインをコンセプトとして作られたテーマであるアルバトロス。

とにかく見やすいスマートなデザインが特徴であり、スッキリしたサイトを作りたいと考えている場合におすすめです。

ショートコードが標準装備されているため、HTMLやCSSで設定をしなければ出来ないような装飾も簡単に行うことができます。

複数サイトで使いまわすことができないというデメリットはありますが、7,980円(税込)と他の有料テーマと比較して安いです。

アルバトロスがおすすめな人

  • とにかくシンプルなサイトデザインが好み
  • 記事装飾を簡単に行いたい
  • 安いテーマを探している

アルバトロスの料金

料金 7,980円(税込)
購入方式 買い切り方式。複数サイトへの使いまわし不可
商品内容
  • アルバトロスのテーマ
  • 無料メールサポート

ストーク19

ストーク19
出典:STORK19公式HP

ストーク19の特徴

  • ブロガー専用のワードプレステーマ
  • ブロックエディタ(Gutenberg)にも対応
  • スマホでの見やすさ・機能・デザインにこだわっている

ストーク19はアルバトロスの製作元と同じであるOPEN CAGEから販売されています。

ブロガー専用のワードプレステーマであり、書き手と読み手の両者が快適になるように設計。とことんモバイルファーストにこだわっているため、細かい設定をすることなくレスポンシブル対応してくれます。

WordPress5から導入されたブロックエディタ(Gutenberg)にも対応しているため、実際の表示に近い形式で記事の作成が可能です。

もちろんHTMLやCSSの知識がなくても装飾が行いやすいような機能が揃っているため、誰が使っても美しいデザインのサイトが作れます。

ストーク19がおすすめな人

  • 自分のブログをワードプレスで作りたい
  • シンプルでスッキリしたデザインのブログが欲しい
  • 複数のブログを作るつもりがない

ストーク19の料金

料金 11,000円(税込)
購入方式 買い切り。複数サイトへの使いまわし不可
商品内容
  • ストーク19テーマ
  • 無料メールサポート

スワロー

スワロー
出典:スワロー公式HP

スワローの特徴

  • シンプルで洗礼されたテーマ
  • プロブロガー八木仁平氏が監修したブロガー専用のテーマ
  • 主役である記事のコンテンツを目立たせるための充実した機能

スワローもアルバトロスやストーク19と同様にOPEN CAGEから販売されているテーマです。

無駄な機能たデザインをそぎ落とすことによってシンプルで洗礼されたブログを作ることができます。

「うまく説明できないけど何かいい感じ」を裏のコンセプトに細部1pxまでこだわってスワローは設計されており、コンテンツを主役に引き立ててくれるテーマです。

広告を管理するためのウィジェットやLP作成機能、SNSボタンといった機能も充実しています。高機能でシンプルなブログを作るのにおすすめなのがスワローです。

スワローがおすすめな人

  • シンプルなデザインのブログを作りたい
  • 高機能でやりたいことを実現できるテーマを探している
  • コスパの良いテーマが欲しい

スワローの料金

料金 11,000円(税込)
購入方式 買い切り。複数サイトへの使いまわし不可
商品内容
  • スワローのワードプレステーマ
  • 無料メールサポート

JIN

JIN
出典:JIN公式HP

JINの特徴

  • アフィリエイトのノウハウが凝縮されたテーマ
  • ボタン1つで変更可能なデザイン
  • 収益化を後押しする機能が多数

アフィリエイトで結果を出すためのノウハウが詰まっているテーマのJIN。

ボタンやランキング作成、広告一括管理など収益を伸ばすための機能が数多く実装されています。

またデザインの変更も1つのボタンで可能であり、着せ替えのデザインが用意されているだけでなく、ヘッダーや見出しのデザイン、吹き出しなど細かい部分まで簡単にデザイン可能です。

JINは一度購入すると複数のサイトで使いまわすことが許可されているテーマであるため、複数のアフィリエイトサイトを運営したい人におすすめできます。

JINがおすすめな人

  • これから始めてサイトを作る初心者
  • アフィリエイトの収益を伸ばしたい
  • HTMLやCSSの知識はないけど、キレイなサイトを作りたい

JINの料金

料金 14,800円(税込)
購入形式 買い切り。複数サイトで使いまわしOK。
商品内容 ワードプレステーマ「JIN」

SANGO

SANGO
出典:SANGO公式HP

SANGOの特徴

  • 100%レスポンシブル対応
  • 心地の良いアニメーションを実装可能
  • 見出しやボタンなど細かいデザインも簡単に変更可能

SANGOは開設1年で200万PV/月を超えたWebメディアであるサルワカのノウハウが惜しむことなく詰め込まれているテーマです。

PCやスマートフォン、タブレットどの端末でも最適化されるレスポンシブルに100%対応しています。

見出しやボタン、ボックス、ショートコードなどコンテンツ作成で役立つデザインが数十種類以上も最初から実装されているため、専門的な知識がなくても自分好みのサイト作成が可能です。

内部SEO対策も施されており、機能性とデザイン性のバランスが取れているテーマだと言えます。

SANGOがおすすめな人

  • 豊富なバリエーションから自分好みのデザインにしたい
  • 動画のアニメーションをサイトに取り入れたい
  • コンテンツの高速表示をさせたい

SANGOの料金

料金 11,000円(税込)
購入方式 買い切り。複数サイトで使い回しOK。
商品内容 ワードプレステーマ「SANGO」

ワードプレスで使えるおすすめな無料テーマ5選

おすすめな無料テーマ5選

次に無料のワードプレステーマを5つご紹介していきます。

Cocoon

cocoon
出典:Cocoon公式HP

Cocoonの特徴

  • SEO・高速化・モバイルフレンドリーに最適化
  • 設定エリアごとに簡単なカスタマイズ
  • モバイルファーストの100%レスポンシブル対応

無料のテーマで一番に名前が挙がってくるほど人気の高いテーマであるCocoon。

無料でありながらも有料のテーマにも劣らないほどの、機能性やカスタマイズ性を備えています。

ショートコード機能も整備されているため、簡単にデザインのカスタマイズや広告の管理が可能です。

さらに公式HPにはCocoonのマニュアルが公開されていたり、よくある質問がまとめられていたりします。

このようにサポートも充実しているため、自身で調べたり質問することで、わからない点を解決しながらコンテンツ作成の力を身に付けることが可能です。

Cocoonがおすすめな人

  • 無料かつ高機能のテーマを探している
  • ショートコードの設定を自分で行える
  • とりあえずワードプレスでサイトを作ってみたい初心者

STINGER

STINGER
出典:STINGER公式HP

STINGERの特徴

  • ブログやアフィリエイト目的に人から人気
  • シンプルな設定で初心者でも使いやすい
  • 使いやすければ有料のPRO版への移行が可能

ブログやアフィリエイトのサイト運営者から人気の高いSTINGER。

シンプルな設定でカスタマイズができるため、初心者でも収益化しやすいサイトが作りやすいです。

またSTINGERを使ってみて、さらに細かいカスタマイズや機能が欲しくなった場合に有料版である「STINGER PRO2」へとアップグレードもできます。

ただし、STINGERは2017年でテーマの更新がストップしているのが現状です。人気のあるテーマであるものの、ブロックエディターには対応していませんので注意しましょう。

STINGERがおすすめな人

  • アフィリエイトブログを作りたい
  • 試しに無料で使い始めてから有料も候補に入れている
  • シンプルな方法で設定管理したい

LION BROG

LIONBROG
出典:LION BROG公式HP

LION BROGの特徴

  • 高速表示が可能な無料テーマ
  • 美しいデザインのメディア制作が可能
  • 追加プラグインなしでも十分なSEO対策

THE THORを販売している企業が開発した無料のテーマであるLION BROG。同じ企業からLION MEDIAという無料のテーマも配布されていますが、機能にはほとんど差はありません

LION BROGは非デザイナーでも簡単に美しいサイトを作り上げることができるテーマです。

さらに高速表示やSEO対策、レスポンシブル対応までされているため、デザイン性・機能性ともに優れています。

簡単に広告の挿入の設定や管理もできるため、アフィリエイトサイトの運営もしやすいテーマだと言えるでしょう。

LION BROGがおすすめな人

  • デザインにこだわったサイトを作りたい
  • 機能性とデザイン性に優れた無料テーマを探している
  • コンテンツのデザインまでこだわりたい

Lightning

Lightning
出典:Lightning公式HP

Lightningの特徴

  • 優しい質感のデザイン
  • ビジネスサイトにもブログにも使える
  • WordPress公式ディレクトリに登録されているテーマ

ワードプレスの厳しいチェックをクリアして公式に登録されている無料のテーマであるLightning。

優しい質感のデザインが特徴であり、シンプルなテーマですが、同時に開発されたExUnitという多機能プラグインを利用することでカスタマイズに必要な機能の追加が可能です。

ブログの作成はもちろん、企業のビジネスサイトを作ることもできるため、個人・法人問わず使えるテーマと言えます。

さらに有料版のLightning Proを購入することで利用可能なデザインのバリエーションを増やすことも可能なテーマです。

Lightningがおすすめな人

  • 無料のテーマでビジネスサイトを作りたい
  • ワードプレス公式に登録された高機能なテーマを使いたい
  • 将来的にテーマを変えようと考えている

Xeory

Xeory
出典:Xeory公式HP

Xeoryの特徴

  • Xeory ExtensionとXeory baseの2種類を使い分けられる
  • Googleのガイドラインに沿ったSEO対策
  • 使い方マニュアルが公開

Webメディア「バズ部」が提供している無料のワードプレステーマであるXeory。

バズ部のノウハウをもとにして完成されたテーマであり、コーポレートサイト用のXeory Extensionブログ用のXeory baseの2種類から好きな方を利用可能です。

多くの企業サイトにもXeoryは導入されているほど信頼性の高いテーマだとも言えます。

さらに使い方マニュアルが公式HPで公開されているため、疑問点を解決していきながらサイト制作が可能です。

Xeoryがおすすめな人

  • 企業サイト作成も視野に入れている
  • マニュアルが揃っている無料テーマを使いたい
  • SEO対策が施されたテーマを探している

目的別!おすすめなワードプレステーマ

目的別のおすすめなワードプレステーマ

最後に目的別におすすめなテーマをご紹介します。明確な目的を持ってサイトを作るのであれば参考にしてください。

とにかくSEOに強いテーマ:THE THOR(ザ・トール)

THE THOR
出典:THE THOR公式HP

THE THORの特徴

  • 最先端のSEO対策、高速表示を装備
  • 検索エンジンからコンテンツが評価されやすい構造で設計
  • SEO対策のプラグインが不要

SEOへの強さが特徴のテーマであるTHE THOR。

HTML5+CSS3による最新のコーディング検索エンジンに優しい構造で設計されています。

またTHE THORはAMPやブラウザキャッシュなど高速表示を行うための技術も積み込まれているため、国内最高水準の高速表示を実現。

もちろん、SEOに強いだけでなく、デザインのカスタマイズもクリック操作のみで完結します。

THE THORは機能性・デザイン性ともに高いレベルのテーマです。

THE THORがおすすめな人

  • とにかくSEOに強いテーマを探している
  • 本格的にアフィリエイトやメディア運営をするつもり
  • 専門的な知識がなくてもキレイなサイトが作りたい

THE THORの料金

料金
  • テーマ&サポートプラン:14,800円(税別)
  • らくらくサーバーセットプラン:27,400円(税別)
購入方式 買い切り。複数サイトに使いまわしOK
商品内容
  • WordPressテーマ 一式(親テーマ・子テーマ)
  • 会員限定サイト利用権(操作マニュアルサイト(100ページ以上)/会員フォーラムサイト)
  • 無料バージョンアップ
  • インストール時の「安心メールサポート」
  • SEO対策に最適な自動バックアップ付き「高速SSDサーバー」1年間分(※)
  • ドメイン1点(.net .com .biz .info)1年間分(※)
  • WordPress本体とテーマのインストール代行(※)
  • テーマのデザイン初期設定代行(※)

※らくらくサーバーセットプランのみ

ブログ運営がしやすいテーマ:アルバトロス

アルバトロス
出典:アルバトロス公式HP

アルバトロスの特徴

  • 誰が使っても美しいブロガー専用テーマ
  • ショートコード装備で専門知識なくてもキレイなサイトが作れる
  • デザインへの思考を最小限にして書くことに集中できる

スワローやストーク19と同じOPEN CAGEから販売されているのがアルバトロス。

誰が使っても美しいをコンセプトに作られたブロガー専用のテーマです。

HTMLやCSSなどの知識がなくても、見やすいブログが作れるため、デザインに費やす時間を最小限にしてコンテンツ作成に集中することができます。

PCやタブレット、スマートフォンどの端末でもデザインが崩れないモバイルファーストで設計されているため、ブログ記事の執筆に時間をかけたい場合におすすめです。

アルバトロスがおすすめな人

  • 有料テーマでブログを始めようと考えている
  • デザインに時間をかけたくない
  • デザインにセンスがないけど、見やすいブログを作りたい

アルバトロスの料金

料金 7,980円(税込)
購入方式 買い切り方式。複数サイトへの使いまわし不可
商品内容
  • アルバトロスのテーマ
  • 無料メールサポート

複数のサイトで使いまわしたい:JIN

JIN
出典:JIN公式HP

JINの特徴

  • 複数のサイトで使い回せる有料のテーマ
  • 使いやすさを追求
  • ボタンや見出し、ボックスなどの設定がボタン一つで可能

一度購入すれば複数のサイトで利用ができるワードプレステーマのJIN。

読み手、書き手の両方の使いやすさを追求しており、見やすいサイトが簡単な操作で実現可能です。

またSEO対策や収益を伸ばすための機能も充実しています。広告管理やボタンの種類、ランキング作成などデフォルトで備わっているため、アフィリエイトに取り組みたい場合におすすめです。

このように高機能でデザインカスタマイズの幅が広いにも関わらず、複数サイトで使えるためコスパの良いテーマであるとも言えます。

JINがおすすめな人

  • 複数のサイトやブログを立ち上げる予定
  • 簡単にデザイン設定ができて、複数サイトの見た目をしっかり変えたい
  • アフィリエイトの収益を伸ばしたい

JINの料金

料金 14,800円(税込)
購入形式 買い切り。複数サイトで使いまわしOK。
商品内容 ワードプレステーマ「JIN」

ECサイト(ネットショップ)を開きたい:ICONIC

ICONIC
出典:ICONIC公式HP

ICONICの特徴

  • ネットショップの売上をアップさせるワードプレステーマ
  • ユーザーアクションが起こりやすい仕掛けが満載
  • 細かいところまで手が届く設定が可能

ECショップの売上をアップさせるために作られたワードプレステーマのICONIC。

大手ショッピングモールに負けないほどの洗礼されたデザインでコンテンツの魅力を最大限引き上げることができます。

また日々の販売活動の管理も簡単で、ブログ記事の投稿も可能です。そのためECサイトとブログを組み合わせて、新しい販路を開拓していくことも可能です。

低コストで本格的なECショップを作るのであればICONICがおすすめと言えます。

ICONICがおすすめな人

  • 大手ショッピングモールに負けないECショップを作りたい
  • 他社のサイトへの出店以外で販路が欲しい
  • 複雑な操作なしで自分のネットショップを作りたい

ICONICの料金

料金 39,800円(税込)
購入方式 買い切り。複数サイトに使い回しOK。
商品内容
  • ワードプレステーマICONIC
  • ダウンロードサイト(解説マニュアル、Q&A集)

飲食店のHPを作りたい:SWEETY

SWEETY
出典:SWEETY公式HP

SWEETYの特徴

  • 喫茶店・飲食店向けのワードプレステーマ
  • 商品の魅力を余すことなくデザイン
  • 直感的な操作でデザインの変更が可能

喫茶店や飲食店のおしゃれなHPを作るときに使えるワードプレステーマがSWEETY。

いろんな種類の飲食店や企業サイトなどジャンルを問わずに使われている汎用性の高いテーマです。

専門的な知識がなくても直感的な操作が可能であるため、Webに苦手意識のある場合でも安心して使うことができます。

もちろんHTMLやCSSといった専門的な知識があれば記事毎にデザインを修正するといったカスタマイズも可能です。

SWEETYがおすすめな人

  • 飲食店経営者
  • 自社で安く飲食店のHPを作りたい
  • Webの専門的な知識がない

SWEETYの料金

料金 11,980円(税込)
購入方式 買い切り。複数サイトに使い回しOK。
商品内容
  • ワードプレステーマSWEETY
  • ダウンロードサイト(解説マニュアル、Q&A集)

ポートフォリオを作りたい:PORTFOLIO

PORTFOLIO
出典:PORTFOLIO公式HP

PORTFOLIOの特徴

  • コンテンツを美しく魅せるためのテーマ
  • 外部サービス(Instagramなど)から自動投稿も可能
  • ワードプレス公式有料サポートテーマへ登録済み

コンテンツを美しく魅せられるクリエイターのためのワードプレステーマであるPORTFOLIO。

プレビューを見ながら簡単に操作ができるため、初心者でもキレイなポートフォリオサイトを作り上げることができます。

Instagramに投稿した写真を自動でポートフォリオにも反映させることが可能であるため、写真を大量にアップする場合でも使いやすいです。

SEO対策や最新のブロックエディターにも対応しているため、記事作成も効率よく行うこともできます。

PORTFOLIOがおすすめな人

  • フォトグラファーやイラストレーター
  • 簡単操作でポートフォリオサイトを作りたい
  • 公式に認められている信頼性の高いテーマを使いたい

PORTFOLIOの料金

料金 6,900円(税別)
購入方式 買い切り。複数サイトに使い回しOK。
商品内容
  • ワードプレステーマPORTFOLIO
  • 導入サポート(メール対応/30日間)、WordPress使い方マニュアルPDF

まとめ:ワードプレスのテーマ選びも大切だが、有益なコンテンツが最優先

この記事ではワードプレステーマの選び方や有料・無料・目的別に分けておすすめのテーマをご紹介してきました。

数多く開発されているワードプレスのテーマ。どれを選んだら良いか迷ってしまいがちですが、最も優先すべきは有益なコンテンツです。

どれだけ高機能・美しいデザインのテーマを使っていても、肝心なコンテンツがなければ意味はありません。

あくまでもテーマはコンテンツを引き立ててくれるものですので、テーマ選びにこだわり過ぎないように注意しましょう。

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる